採用担当者より

私は踊りを習っています。習っている中で「補いあう・認めあう関係」について改めて考えさせられました。

踊りのクラスメイトはそれぞれ、レッスン開始時期がバラバラです。後から入ってきた人は初めは踊ることも難しいので、先に入った人にとっては、レッスンが進まない....ということになります。仕事の都合でだれかしらレッスンをお休みすることもあります。こうしたわけで、クラスメイトの間で、レベルの差がついてしまっていました。

そこで、プライベートで練習用スタジオをとりクラスメイトが集まって、踊れない人は踊れる人に教え、お互いに気がついたところを指摘し、補いあう事、認めあう事を繰り返しやってきました。今は全員が楽しみながらやっていくことができ、信頼関係が生まれています。

会社においても、色々な価値観と個性を持った人が集まって日々仕事をしていると思います。プラグドは、全てを「補いあい・認めあう関係」を築いて、楽しみながら仕事ができる会社でありたいと思います。そして、そのような関係で仕事をしたいと思う方と一人でも多く出会える採用活動をしていきたいと思います。